So-net無料ブログ作成

第4日-全日本ジュニア [ジュニア]

朝方は雨粒がすこしあたる天気でしたが、昼頃になるとガンガンの太陽が会場に降り注ぎ、もわっと湿気もきつい一日。ジュニア選手の熱戦はまだまだこれからです。

靭会場は16歳シングルスの2回戦、18歳のダブルス1回戦、合計64マッチでした。江坂会場は昨日の反対、14歳女子シングルス・ダブルスと12歳のシングルス2回戦でした。靭会場は6時前に全試合が終了しました。


inokawa.jpg
猪川結花(中国・岡山学芸館高)選手


ikeda.jpg
池田朋弥(東海・誉高) 
シード①の選手


nishio.jpg
西尾萌々子(関西・パブリックテニス洛西)選手
2Rでダブルスパートナーと当たってしまいました。


nakamura.jpg
中村和暉/小路博隆(関西・東山高)組
関西予選では補欠ながら、全日本jrに出場できたラッキー組。


yukaku.jpg
「中天游邸跡」
中天游は丹後の生まれ、江戸・京都で蘭学を学び、大坂靭本町・江戸堀で医者として開業します。当時は坂本町と呼ばれた靭コートの北側に住居がありました。医業は妻の「さだ」さん(京都の有名な蘭学者・稲村三伯の娘)にまかせ、自分は「思々斎塾」という学塾で究理学(今の科学、自然哲学)を志向し、子弟を育てたということです。弟子の一人が緒方洪庵で、大阪蘭学の立役者。天明のころはシーボルト事件もあり、蘭学が厳しい弾圧うけますが、橋本宗吉と共に、それに抗して蘭学をつづけた人です。この碑は、靭コートの北側約80mの「花乃井公園」東南角に。



レポート/斎藤宣孝



詳細はこちらで!(購読無料!バックナンバーも読めます)
JTA公式メルマガ[Tennis Fan (テニスファン)]
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx


(広報委員 中俣拓哉 / 写真 齋藤宣孝)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-12 12:02  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ