So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

杉田、8強入り!【ウェスタン・アンド・サザン・オープン】 [ニュース]

杉田祐一が、またもや快進撃!カレン・ハチャノフを逆転で下し、ATPマスターズ1000で初のベスト8進出です!準々決勝は、第7シードのグリゴール・ディミトロフと対戦します。


sugita2.jpg

sugita.jpg

[男子シングルス3回戦]
○杉田祐一 6-7 (7), 6-3,6-3 ●カレン・ハチャノフ(ロシア)



(広報委員 中俣拓哉 / 写真 佐藤ひろし)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-18 12:17  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

第10日-全日本ジュニア [ジュニア]

8月17日(木) 第10日
全日程を無事終了しました。皆様のご協力に感謝いたします。夜に雨が降って、朝には上がっているというラッキーにも恵まれました。東京は雨続きというニュースですが、最終日の午後はギラギラの太陽で、表彰式では椅子が熱く、選手がびっくりして飛び上がる程。すぐに選手たちは次の試合に出かけます。厳しい試合日程が続きますが、選手たち皆が元気で活躍することを祈りましょう。


shimizu.jpg
清水悠太(関西・西宮甲英高)
18歳以下男子シングルス優勝 第1シードを守りました


uchishima.jpg
内島萌夏(関東・昭和の森ジュニアTS)
18歳以下女子シングルス優勝 乱戦の中を勝ち抜き


doubles.jpg
清水悠太・羽澤慎治(関西・西宮甲英高) 
18歳以下男子ダブルス優勝 第3シード 実力を遺憾なく発揮



試合が終わって
宮本愛弓(関東・ローズヒルTC)・内藤祐希(東海・TEAM YONEZAWA)
18歳以下女子ダブルス優勝 第1シードを守りぬきました
試合が終わって、お互いをたたえあいます


hyousho.jpg
表彰式で
福井烈専務理事が授与者です


basho.jpg
「芭蕉翁終焉の地」碑
靭会場から東南約1㎞、南御堂(難波別院)に面した御堂筋、東側路側帯の草むらにあります。『奥の細道』の旅を終え、推敲を重ね、元禄7年に完成させた後、芭蕉は、この辺りにあった花屋仁左衛門の離れに病気療養で滞在中、51歳で亡くなります(同年10月12日)。「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」、一生を漂白と風雅の探求に生きた俳諧の師匠の最後がこのあたり。今のビルと車の雑踏のただ中、この碑を見る毎に、感慨深いものがあります。

10回にわたって靭界隈の史跡をみてきました。現在、大坂・キタの繁華街「梅田」は、かつて「埋め田」であったというほどに、湿地帯であり、大坂は縦横の掘割に囲まれた水都だったのです。では、またの機会に。




レポート/斎藤宣孝



詳細はこちらで!(購読無料!バックナンバーも読めます)
JTA公式メルマガ[Tennis Fan (テニスファン)]
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx


(広報委員 中俣拓哉 / 写真 齋藤宣孝)
ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-18 11:12  nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

杉田、3回戦へ!【ウエスタン・アンド・サザン・オープン】 [ニュース]

杉田祐一の勢いは止まらない!シンシナティで2年連続で3回戦に進出しました!2回戦のジョアン・ソウザとの戦いは、逆転で勝利を手にしました!


sugita.jpg

[男子シングルス2回戦]
○杉田祐一 3-6,7-6,6-1 ●ジョアン・ソウザ(ポルトガル)



(広報委員 中俣拓哉 / 写真 佐藤ひろし)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-17 10:23  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

第9日-全日本ジュニア [ジュニア]

8月16日(水)第9日
朝、雨がぱらつきましたが、試合開始のころには曇り空で、どんどん気温も上がり、午後にはぎらぎらの晴天となりました。12歳、14歳、16歳のシングルス・ダブルスの決勝戦が繰り広げられました。試合終了後、優勝、準優勝の表彰式も行われました。終了後はすっかり暗くなっていました。中学生は、次の沖縄の「全中」へ。厳しい日程がつづきます。健康管理に注意してケガなど、無いことを祈ります。


yasutaka.jpg
安髙日渚莉(九州・ABCテニスアカデミー)
12歳以下女子シングルス優勝


uchishima.jpg
内島萌夏(関東・昭和の森ジュニアTS)選手
18歳以下女子シングルス決勝戦進出 


kikuchi.jpg
菊地裕太(関西・トップランAIOI)選手
18歳以下男子シングルス無念のリタイアでした


morioka.jpg
森岡きらら(関西・奈良国際TC)選手
14歳以下女子シングルス準優勝


hyosho.jpg
表彰式にて


kimura.jpg
「木村兼葭堂邸跡」
靭会場より南西約1.5㎞、北堀江の大阪市立中央図書館の東南角に、この碑が建っています。記憶すべき大阪人です。生まれた家は酒造家でした。裕福な家産を背景に、本草学を小野蘭山、漢学を江村北海、画を池大雅といった当時の一流の人に学びました。その知的好奇心の集大成として「博物学者」・物産の「コレクター」として一流の人物になりました。この江戸時代、オランダ語やラテン語を理解したというのですから大変な町人学者でしたが、日記などで知る、彼の人的交流とネットワークの広さ、ものすごさは驚嘆に値します。かの鬼才画家、伊藤若冲もコレクションを拝見して画材にしています。



レポート/斎藤宣孝



詳細はこちらで!(購読無料!バックナンバーも読めます)
JTA公式メルマガ[Tennis Fan (テニスファン)]
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx


(広報委員 中俣拓哉 / 写真 齋藤宣孝)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-17 10:11  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

杉田がソックを破り2回戦に進出!【ウエスタン・アンド・サザン・オープン】 [ニュース]

杉田祐一の進撃は、まだまだ止まりません!ウエスタン・アンド・サザン・オープン(米国・オハイオ州シンシナティ)で15日男子シングルス1回戦が行われ、世界ランキング46位の杉田が同16位のジャック・ソックにストレート勝ち。2回戦進出を決めました!女子ダブルスでは、青山修子組が初戦を突破しました。


sugita.jpg
[男子シングルス1回戦]
○杉田祐一 7-5,6-4 ●ジャック・ソック(米国)


aoyama.jpg
[女子ダブルス1回戦]
○青山修子/ダリヤ・ユラク(クロアチア)
  6-2,7-5 ●ローレン・デービス/アリソン・リスク(米国)



(広報委員 中俣拓哉 / 写真 佐藤ひろし)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-16 16:36  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

第8日-全日本ジュニア [ジュニア]

8月15日(火) 第8日
今日は傘マークの予報。夜半にかなりの雨でしたので、心配しておりました。朝、コートにかなりの水が溜まっていましたが、スタッフの努力で水はけをして、予定通り9時30分から試合がはじまりました。江坂会場から移ってきた低年齢の選手たちも今日は準決勝です。曇りの天気で湿度もかなり高かったのですが、とうとう最後まで雨で中断はありませんでした。第3位の表彰式もおこなわれ、いよいよ最終日に向かってゆきます。


hasegawa.jpg
長谷川愛依(東海・岐阜ITC)選手


ishikawa.jpg
石川晄大(関東・京王赤城アカデミー)選手


scu.jpg
準決勝からSCUが付きます


maruyama.jpg
丸山麗菜(関東・Team YUKA)選手


yamada.jpg
山田倫太朗(関東・U.T.PあたごTC)選手


kato.jpg
加藤智子(関西・TCコ・ス・パ三国ヶ丘)選手


hyoshou.jpg
「表彰式後の記念撮影」
いつもの光景ですね


raisanyo.jpg
「頼山陽生誕地」の碑
今日ご紹介するのは靭会場の北約500mにある頼山陽の生まれた場所を示す碑です。「頼山陽」は江戸時代末期の歴史家、漢詩人。父頼春水が大阪の滞在中に生まれ、広島藩の儒学者に登用
されたので、広島に転居。幼少のころから漢詩文の才能を発揮、歴史に興味を持ち、次第に学問に開花してゆきます。詳しくは浩瀚な中村真一郎著『頼山陽とその時代』をご覧いただくとして、成人した山陽の周辺には京阪の文人たちが集まり、学者・画家などの文芸サロンを形成することとなりました(京の住居を「山紫水明処」と名付けます)。日本の専業詩人の最初の人といえるでしょう。



レポート/斎藤宣孝



詳細はこちらで!(購読無料!バックナンバーも読めます)
JTA公式メルマガ[Tennis Fan (テニスファン)]
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx


(広報委員 中俣拓哉 / 写真 齋藤宣孝)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-16 12:57  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

第7日−全日本ジュニア [ジュニア]

8月14日(月) 第7日
今日から試合も少なくなりました。昨日は64マッチ、今日は24マッチ。今日から全試合にSCUが付きました。今日が江坂会場の最終日。あすからは低年齢の諸君も靭会場に合流し、いよいよ決勝戦へ、
ぐっと「濃い」試合が展開されることでしょう。しかし、お天気はあまり見通しがよくありません。なんとか日程通りに進めたいのですが。

sakai.jpg
酒井凜(中国・広陵高)選手 
第10シードの石橋さんを破って準決勝に

inagawa.jpg
稲川大介(東海・覚王山TC)選手 
第9シードの守谷君を破って準決勝に


sakatsume.jpg
坂詰姫野(関東・山梨学院高)選手 
第1シードWCです


saito.jpg
齋藤惠佑(関東・グローバルプロTA)選手 
第3シードWCです


aki.jpg
秋らしい雲 
朝方の青空は午後から曇が広がってきました


yamanaka.jpg
山中太陽(西宮TC)/小柴遼太郎(三木ロイヤルTC)組 
第3シードを破って


inose.jpg
猪瀬瑞希(吉田記念テニス研修センター)/新藤万里依(あじさいMTCアカデミー)組 
16歳以下ダブルス 第1シード


hachiken.jpg
「八軒家船着き場」碑
京阪天満橋駅から徒歩1分、昆布屋さんの店先にあります。撮影が日曜で、背景はお店のシャッターです。平日なら説明のパンフをいただけます。京都・伏見から、三十石船で淀川を下り、八軒の船宿
のあったここが終着点。ここから高野街道・熊野街道が始まるのです。枚方宿での物売りの「くらわんか」のかけあいが上方落語(『三十石』)では有名。春と秋には、この八軒屋浜船着場から枚方の間
で遊覧船の運航があるとのこと。昔を懐かしむ「リバークルーズ」はいかがでしょう。



レポート/斎藤宣孝



詳細はこちらで!(購読無料!バックナンバーも読めます)
JTA公式メルマガ[Tennis Fan (テニスファン)]
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx


(広報委員 中俣拓哉 / 写真 齋藤宣孝)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-15 01:12  nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

第6日−全日本ジュニア [ジュニア]

全日本ジュニア 第6日 8月13日(日)

靭かいわいはすっかりお盆休みです。ここはビジネス街ですから、車や人の行き交いも少なくなり、お店もお休みが多い。しかし、会場は熱気につつまれ、たくさんの観客が来てくださっています。昨日で16種目全部の記録がそろい、大会もいよいよ後半戦に入りました。


kawakami.jpg
川上倫平(関東・荏原SSC)選手 
18歳以下男子シングルス 第8シード


fujiwara.jpg
藤原智也(関西・東山高)選手 
16歳以下男子シングルス第4シード


kandori.jpg
神鳥舞(関東・桜田倶楽部)選手 
16歳以下第5シード


kurahashi.jpg
倉橋奈摘(中国・野田学園高)選手 
18歳以下西郷選手に勝ってベスト8


abe.jpg
阿部宏美(愛知啓成高)/伊藤日和(椙山女学園高)組
18歳以下第1シードの宮本/内藤組に大接戦ながらも、敗退。


natsu.jpg
夏まっさかり


kaitoku.jpg
「懐徳堂旧居碑」
写真では文字がよく見えませんが、懐徳堂の由来が漢文で記されています。「懐徳堂」は大阪の私塾で、江戸中期に、豪商5名が出資して開設されました。初代学主三宅石庵の学風は大坂商人によく合い、多くの門人を育てました。徳川吉宗の時代に許可を得て、半官立の学校となって規模も拡大。第4代学主中井竹山の頃が隆盛で、町人が運営する「町人の学校」として明治の始めまで続きました。歴史の「加上」説で知られる富永仲基、地動説を信奉し、合理的な思考を展開した山片蟠桃(豪商升屋の番頭でした)といった独創的な町人学者が生まれたことでも知られます。碑は御堂筋に面した日本生命ビル(地下鉄・淀屋橋駅の東側)南面に。




レポート/斎藤宣孝



詳細はこちらで!(購読無料!バックナンバーも読めます)
JTA公式メルマガ[Tennis Fan (テニスファン)]
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx


(広報委員 中俣拓哉 / 写真 齋藤宣孝)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-14 23:55  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

第5日-全日本ジュニア [ジュニア]

8月12日(土) 第5日
今日は朝から曇りがちの天気で、少し風もあり、今までのうちで過ごしやすい一日でした。昼頃からおひさまも照りつけました、最高気温は33℃。

本日の靭会場の試合は、18歳以下男子シングルス、女子シングルスの2回戦と16男子ダブルス、女子ダブルスの1回戦。江坂会場は14男子シングルス、女子シングルスの3回戦、14男子ダブルス、女子ダブルスの準々決勝。靭会場は5時過ぎに全試合が終了。

たくさんの観客に来ていただいております。あちこちで一年ぶりの再会、挨拶の後、話がはずんでいるようでした。皆様もぜひ会場に足をお運びください。熱中症対策の、水分補給や日焼け止めなどおさおさ怠りなく。


saigo.jpg
西郷里奈(関東・志津TC)選手
18歳以下女子シングルス、第8シードの坂田選手を破って3回戦へ


ando.jpg
安藤優希(関東・TEAM自由が丘)選手
18歳以下女子シングルス第2シードの宮本選手を破って3回戦へ


shimizu.jpg
清水悠太(関西・西宮甲英高)選手
18歳以下男子シングルス第1シード


tajima.jpg
田島尚輝(関東・TEAMYONEZAWA)選手
18歳以下男子シングルス第2シード


ito.jpg
伊藤汐里・加藤英佳(関東・グリーンテニスプラザ)組
ワイルドカードで出場。残念ながら、1回戦で敗退。


kaijo.jpg
会場中央通路 日傘の行列、人・人で混雑します。


ogata.jpg
「適塾」の隣にある小公園で
昨日の紹介は中天游さんでしたが、今日はそのお弟子さんの緒方洪庵先生です。岡山県に生まれ、大坂・江戸・長崎で医学を学び、大坂で開業しました。同時に蘭学塾、「適々斎塾(適塾)」を開設、幕末から明治維新へかけて、たくさんの人材を育てました。現在の北浜にある「適塾」(重文)は、福沢諭吉も学んだところで、塾生たちの生活は『福翁自伝』に活写されています。医学では、種痘を広め、天然痘の予防やコレラの治療方法を広めるなどの業績
が有名です。「適塾」は現在内部の見学ができます。地下鉄御堂筋線淀屋橋駅から東へ徒歩5分。靭会場はから東北へ約1.5㎞です。



レポート/斎藤宣孝



詳細はこちらで!(購読無料!バックナンバーも読めます)
JTA公式メルマガ[Tennis Fan (テニスファン)]
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx


(広報委員 中俣拓哉 / 写真 齋藤宣孝)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-13 01:00  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

第4日-全日本ジュニア [ジュニア]

朝方は雨粒がすこしあたる天気でしたが、昼頃になるとガンガンの太陽が会場に降り注ぎ、もわっと湿気もきつい一日。ジュニア選手の熱戦はまだまだこれからです。

靭会場は16歳シングルスの2回戦、18歳のダブルス1回戦、合計64マッチでした。江坂会場は昨日の反対、14歳女子シングルス・ダブルスと12歳のシングルス2回戦でした。靭会場は6時前に全試合が終了しました。


inokawa.jpg
猪川結花(中国・岡山学芸館高)選手


ikeda.jpg
池田朋弥(東海・誉高) 
シード①の選手


nishio.jpg
西尾萌々子(関西・パブリックテニス洛西)選手
2Rでダブルスパートナーと当たってしまいました。


nakamura.jpg
中村和暉/小路博隆(関西・東山高)組
関西予選では補欠ながら、全日本jrに出場できたラッキー組。


yukaku.jpg
「中天游邸跡」
中天游は丹後の生まれ、江戸・京都で蘭学を学び、大坂靭本町・江戸堀で医者として開業します。当時は坂本町と呼ばれた靭コートの北側に住居がありました。医業は妻の「さだ」さん(京都の有名な蘭学者・稲村三伯の娘)にまかせ、自分は「思々斎塾」という学塾で究理学(今の科学、自然哲学)を志向し、子弟を育てたということです。弟子の一人が緒方洪庵で、大阪蘭学の立役者。天明のころはシーボルト事件もあり、蘭学が厳しい弾圧うけますが、橋本宗吉と共に、それに抗して蘭学をつづけた人です。この碑は、靭コートの北側約80mの「花乃井公園」東南角に。



レポート/斎藤宣孝



詳細はこちらで!(購読無料!バックナンバーも読めます)
JTA公式メルマガ[Tennis Fan (テニスファン)]
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx


(広報委員 中俣拓哉 / 写真 齋藤宣孝)

ブログで使用している画像は無断転載、使用を禁じます


2017-08-12 12:02  nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

前の10件 | -